スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変則ジグヘッドリグ ・

去年から対メバル用変則ジグヘッドリグの研究を進めております・・・

主に3インチ以上のロングワームを用い、良く聞く売り文句である
「テールの微振動で~」とか「ソフトボディの微波動で~」とかいった肉眼では見えないような動きとは正反対の激しいアクションが特徴です

このリグを常夜灯の下で使うと例えば私の定番である月下美人ビームスティック1.5+1gジグヘッドの10分の1も釣れなくなってしまう
ルアーでしか釣れない状況で釣れなくなるってことは?ってところにそそられるものがある


そもそも青虫でしか釣れないメバルをルアーで釣ろうってのが目的で・・・
ガルプのサンドワーム使えばいいじゃん・とよく言われるが青虫で連発って時ですら全然釣れん
まぁ、状況もあるだろうが・・・
サンドワームを認めるルアーマンなら沢山いるがサンドワームを認める餌師には出会ったことがない


「青虫で釣れたメバルの腹から消化されかかったバチ類がでてきたのを見たことがない」と口をそろえて言う不思議な話

青虫で釣れるメバルはバチ類を食べていない
マッチザベイトではなく、ほとんどの淡水魚が本来水中で生活しないはずのミミズが大好き・・・といったレベルの本能的なものなのでしょう







眠い・・・明日こんなに晴れたらよいですな
かみ
スポンサーサイト

奥義「モンスト」

P4030677.jpg

川崎先生が師から受け継いだ奥義の1つである「モンスト」
長い間封印されて(忘れて)いたがわりと最近蘇った

どの世界でも奥義は大きなエネルギーを消費するため使用回数や継続時間が限られる・・・界○拳、ギ○2などが代表的な例だ
モンストも例外ではなく長時間続けれる人間がいたらジュースくらいおごるかもしれない

モンはおいといてストとはミドストのストのこと
何の気なしにやったことがある人も多いだろう
下の画像のように人差し指をのばしてラインに当てながらリトリーブする
CAFRX4SN.jpg


この技は主に管釣りルアー「Xスティック」に用いる
Xスティックとはシンプルな棒状のルアーで動いてるような動いてないようなほぼノーアクション
ソルトルアーでいうとギガスクリューの動きに近い
そんなルアーがこのモンストで使うとロッドワークでは絶対に生み出せないカクカク踊り狂ったような動きになるのだ
ティップに吸収されないようにするのがコツ
みっち~氏主宰の管釣り大会の時ひでくんがキッカーを釣ったのもコレだ
興味ある方は「モンスト」お試しあれ
ソルトで使うと・・・!?

ビーズって必要なのか?

という質問をよく受ける・・・

って言われても私もよく分からないが、思い込みの世界なので・・・






P7280081.jpg


ビーズの主な効果にサウンドと視覚効果があるようだ


視覚効果については・・・ビーズに食いつかれても困るので、バイトマーカーになりにくい色を使っている。私はクリア系を使っているが、どれだけ差があるのかは不明m(__)m

サウンドに関しては、効果あるような気がする。このリグでいうサウンドはストラクチャー接触時のものではなく、特に深場や足場が高い所といった角度がとれる場合、ビーズを固定しないことでフォールスピードの差からワームとビーズが離れる。それが着底や次のリフト、テンションの緩急によりラインアイにビーズが当たることによっておこるワンクリックサウンドが効果絶大!(だったらいいなと思っている)というわけで、ビーズがアイに当たり易いノットを使っている。



・・・ネタ無くなりそうなので(-_-)zzz



スパッとロッククロー

要望があったので昨年度から大活躍のロッククロー改のビーズリグについて過去の記事を編集しながら書こうと思いますm(__)m

用意するものは下の画像の・・・通りではないが・・・
エコギア・ロッククロー2” なんたらフロートってカラーは素材が若干強いので愛用 グローと膨張色は使わない
フィナ・ナローゲイプ1/0
φ8ビーズ
タングステン製ネイルシンカー1/32オンス ツネミの0.8gが12個入りでお得
ウエイトストッパーは要らない
用意するもの

リグり方は
まず、赤線の位置をカットします。後ろ足がリフト時に、前足がフォール時にプルプル震えてアピール!ツメを少し残すのは大きなパーツのある部分、面積の大きい部分を頭部と認識し、食いついてくるような気がするロックフィッシュの習性を利用するためです。
カット!

次に、タングステン製のネイルシンカー1/32をツメの付け根らへんから2つ挿入します。軽量リグですが途中からまっすぐ沈んでいくので意外とボトム取りやすく、後方重心の為見た目より投げやすい。棒リグ感覚

シンカー挿入!

それから、フックをセットします。矢印のように少し手前に向けて刺すとフィット感アップ!画像のように針先を埋め込むとフッキング率が悪くなるので×

フックをセット


ここからは、私の場合はワームのズレ防止、サウンドなどのためφ8ビーズをつけて完成だが・・・まぁ、別のものでもいいしなくてもいい
グラスビーズの場合はウエイトストッパーはいらない
ノットは針先が上を向くラインをアイに通して軸に巻きつけるポッキンさん式ののっとを愛用している

完成!


といった感じでリグるのめんどくさいが、それなりの効果は得られ、例えば7gテキサスと比べるとアタリの数だけなら3~5倍?になったりもすることも多い!(^^)!

興味もたれた方は是非(^O^)

詳しくはまた実釣にて~


MD発展形

最近あんまり釣れてなく、ネタが無いのでコレを・・・

(注)実績ナシ
ナス型7gを大遠投して沖波戸の敷石の掛け上がり等、自分から見て下りの掛け上がりを狙う・・・これが最近私がハマっているMDの使い方、川崎先生は超ディープでの接近戦でいい結果を出しているが・・・
今回紹介したいのが~この常吉の「ハマグラビンシンカー」を使ったMDリグ☆
P2090572.jpg

このシンカー、もともとはオフセットフックのゲイプにつけて浮き上がりを良くしたり、くねくね動かしたりするものだが、こいつをダウンショットに使うと・・・かなりの予測不能なトリックフォールをする!

具体的にどんな動きをするか?というと、スプーンのようにひらひら落ちてみたり、スッっと水を切るように落ちてみたりと前後左右でそれを起こす・・・また、スイミングでも言葉で説明するのもめんどくさいような不思議な動きをし、もちろんワームもそれにつられて不思議な動きをする・・・水槽の中での話だが・・・
P2090573.jpg

人間の意図できない動きがでたときに魚はルアーを生き物と判断する(受け売り)ってやつが期待できそうだ(^O^)でも最近ひきこもり気味なので・・・
紹介することにより、興味を持たれた閲覧者の方に使っていただき・・・釣れるようならばワシも(^。^)
という企みがある・・・というわけでAさん、U君お願いします(^O^)/


MD研究

(注)携帯では数式見れません


釣行ネタが無いため研究ネタを・・・

MDのノーシンカーフォールは理論上どうなっているのか?超めんどくさく書きます・・・

・・・ブログのお絵かき機能難しいなぁ・・・アートとして御覧下さいm(__)m



MD公式
Y₁=ℓ₁y/√(x²+y²)
Y₂=ℓ₂y/√(x²+y²)


上のアートと公式を使い以下の条件で計算すると・・・

Y₁=下のシンカーストッパーからボトムまでの距離
Y₂=上のシンカーストッパーからボトムまでの距離
y=ボトムからティップまでが7m
x=足もとのボトムから着底地点までが20m
ℓ₁=下のシンカーストッパーからシンカーまでの距離が20㎝
ℓ₂=上のシンカーストッパーからシンカーまでの距離80㎝

Y₁=20×700/√(2000²+700²)=6.6㎝
Y₂=80×700/√(2000²+700²)=26.4㎝

私は数値的な考えはニガテだが、よろしければ参考に(^O^)


因みに現在研究中及び妄想中なのが・・・

☆ その名の通りの超ロングフォールMD
☆ ひらうち、ローリングフォールするフラッタリンMD
☆ アジ釣れそうなライトMD
☆ 完成したらヤバそうな●MD
☆ 打倒サビキ!鯉のぼりMD(危)
☆ ナス型おもりの代わりにジグヘッドMD(危)

その他多数・・・

誰か手伝って下さいm(__)m





メバル~MDリグ

もともとアコウ用に考えた”MDリグ”がメバルにも効果絶大です
MDリグ
簡単に対メバルMDの説明を~
川崎先生と2人で得た現時点のデータなのであまりあてにならないかも・・・

私達のタックルは~
スモーキー:マチルダ78
バリバス:ライトゲームPE0.4号+リーダー1.5号程度
重いリグを遠投して使うことが多いためパワーのあるタックルが最高☆

リグり方は~
①リーダーにシンカーストッパーを通す!別に何でもいいが、フックのアイ径より大きい物。ガイア製を愛用☆シンカーから80㎝くらい
②フックを結ばず通す!ストレートフックの場合は上向きにすると針が寝るので下向きに。がまかつのバーブレスフック513がライン通しやすくずれ難いのでおススメ☆
③ワームをセット!スクリューテイルとスパッシュが最高☆
④シンカーストッパーを通す!シンカーから15㎝くらい
⑤シンカーを結ぶ!ナス型の5gと7gを主に使用☆

MDリグの長所はというと・・・
★リグるのが超簡単
★シンプルなのでトラブルフリー
★シンカーの重さに関係なくノーシンカー状態のフォール
★エダスやシンカーのぶらぶらが無いので車での移動が楽チン
などなど
短所は・・・
*着水音が大きい
*完全に垂直方向のリフトでワームが回る(少しでも角度があれば大丈夫)

使い方は~
①ボトムを取りリフトさせる!
②シンカーだけをボトムに落とす!このときワームは上のシンカーストッパーの位置にあるイメージで
③ラインを張ってワームをフォールさせる!アタリは殆どこのとき
④繰り返し①に

尾道水道でのテストです~
ディープのフラットなボトムに岩が点在するようなポイントで小から中サイズが連続ヒット(^O^)写真のように下あごか上あごに掛かっていることが多く、横に掛かっていることはあまりない。意外とフッキングもよく、根掛かりも少ない
下顎フッキング MD
MD川崎 MD川 

こちらは大島でのテスト~沖波止に向かって遠投し敷石の掛け上がりでの釣果。大きいのは釣れなかったが・・・まぁ小さいのがのるなら大きいのものるだろ(笑)
MD川崎先 MD川崎先生

今回は基本形を書きましたが、ネタは沢山湧いてくるものの小僧2人でやってるためテストが追い付かない状況なのでのんびりと発展形をアップしていこうと思います(^O^)興味もたれた方は”MDリグ”試してみてください






HJ商品紹介~メバルに・・・メバペン裏テク?

んちゃ(店長のマネ)

(注)実績ナシ

前シーズンの終わりごろから試しだしたのがメバルプラグワッキー・・・ジェイドでやってたんだけど非常に使いにくくてアタリは多いけど結局釣れなっかった(T_T)

で、いろいろ試してみる中で見つけたのがこのメバペン・メバル
水平浮き+低固定重心+ボディセンターアイにより以前紹介したフラップスラップのワッキーリグと同様の動きが出せます。

PC230324.jpg
リグり方は~写真のように糸がらみ防止のためリアフックを外し、フロントアイにスナップをつけるだけと超簡単(^O^)
使い方はラインスラックを使った一点シェイク&ポーズ!バスに関してはジャークやポッピングも効果的でしたがメバルにはまだ不明です・・・

従来のドックウォーク&ポーズで釣るペンシルと比べると~
(ジェイドでやってた時)
・円状の波紋が出るため視認性アップ!
・アクション中にもバイトしてくる!
・フッキング率ダウン(T_T)
・広範囲を攻めるには向かない
・よりネチネチ攻めれる!


フッキング率などまだまだ未完成な点が多いですが・・・興味持たれた方は試してみて下さい。怪しいテクですが意外と楽しめます(^O^)

詳しくは店頭で店長に(笑)それではバイチャ

超シークレット~プラグワッキー

多分、一般化されてないと思いますが・・・メディアに殆ど目を通さないので分かりませんm(__)mされてたらちょっと恥ずかしいな~
私が高校時代からバスで非常においしい思いをしていたのがハードルアーのワッキーリグ・・・仲間内では、ふらふら動かすことから「フラ」と呼ばれるテクです~

詳細は、写真を見てもらえれば分かるように、メガバスのフラップスラップ、ジャイアントドッグXのフロントスプリットリングにスナップを付けるだけ!と超簡単

PB190176.jpg PB190174.jpg

フラップスラップの場合はリップを折れば飛距離が格段にアップします!折らずに使えば微妙に複雑な動きも!フェザーフックを付けることでトップぽくてカッコ良い

竿から垂らした状態ではこのようになるが、意外と糸がらみも少ないし、からんでもそんなに動き変わらないし・・・
PB190175.jpg

フラップスラップの使い方は~基本はラインスラックを使った一点シェイク!低固定重心&フラットサイドボディにより死にかけた小魚がひっくり返ってピクピクけいれんしているような動きが出せます。ポーズ、ポッピング、ジャーク等と組み合わせればシェイクで食わせれないバスも食わせることが!
こんな波紋 (((F)))

ジャイアントドッグXは、ライブベイトリグ感覚です。シェイクで横方向にロールしながら泳ぎます!強くロッドをあおれば進行方向を変えジグザグに泳がせれるので、1投でかなり広範囲を探ることが可能!
こんな波紋 G〈〈〈〈

いかにも胡散臭いこのメッソドは、そこそこ究極の実釣性能を持っており、これでしか釣れないバスは多い。ただ、学習されやすい動きだと思うので皆使ったら釣れんくなりそう・・・よろしければ、この「フラ」コッソリ使ってみてください(^O^)



因みに・・・某ミニプラグでやるとメバルにも効果あります(秘)









HJ商品紹介~ヤム・ウーリーバグ

んちゃ(笑)
私達がアコウで密かに愛用しているウーリーバグについて調子こいて語ろうと思います~

このように普通刺しのテキサスリグやビーズリグで良く釣れるのは言うまでもなく・・・
PB150125_convert_20081115192354.jpg

今回、紹介したいのはコレ・・・逆付けビーズリグ!私たちが基本としているのは、1gタングステンネイルシンカーの2つ刺し。刺す位置によってフォール姿勢・スピードを調節でき、ウェイトの重さ・数を替えれば幅広い場所・状況で使えます
PB150127_convert_20081115192503.jpg ウーリーバグ1

このワームは足などの細いパーツが無いので、バスでいう虫チューンも効果的!レインの極太スカートが最高ですなぁ~
IMGP0402_convert_20081115191936.jpg

逆刺しビーズリグではアタリはとにかくめちゃくちゃ多いが(潮が動いてない時)フッキングが悪いので2/3か半分にカットして使うことが多いですが・・・まぁ、デカイのならのるかぁ(^O^)とそのまま使うことも多い・・・


それから、まだ実績はないんですが・・・お魚カット!テールを割ってのスイミングでプルプルと素晴らしい動きをします
PB150126_convert_20081115192429.jpg


まだまだ未知の可能性が秘められたワームだと思います。上野君と小田君研究しといて下さい!(^^)!



ばいちゃ☆
プロフィール

みったん

Author:みったん

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。